視覚と美術

【文献】草間彌生『すみれ強迫』

すベてがどうでもいいわけではない。投げ出しているのでもない。サチコは思う。この世の摂理がわかっているのだ。花と星と雲と風が教えてくれることだけで充分なのだ。狂っているんじゃないと私は理解しているの。脳病院にゆくのはいい。でも私の頭の中には…

【資料】西丸四方『狂気の価値』

躁鬱病プラス分裂病・ある天才画家 私は三十年来、ある女性の画家を知っている。彼女が田舎の公民館で個展を催したときに、偶然出会い、その狂的な抽象画に圧倒されるほどの迫力を感じた。これは物真似でない本当の抽象画だと思って、その画家に会ってみた。…

【資料】中島らも『アマニタ・パンセリナ』

僕はためしに、部屋を少し明るくしてまわりを見まわしてみた。 なるほど、これは少し様子がちがう。 青いもの、スミレ色のものが、それ自体発光しているように美しく見えるのだ。足もとを見れば、自分のはいている靴下の青が、輝いて目に飛び込んでくる。 「…

化石人類の物質文化と精神文化

物質文化としての石器 先土器時代、つまり土器が発明される以前の時代を代表する道具が石器である。 石器の変遷[*1] ヒト属がアウストラロピテクス属から分岐したころから石器が作られるようになったらしい。これは、ヒト属の大脳化が始まったときとも一致す…

オーストラリア先住民美術

岩壁画 オーストラリアにおける絵画の伝統は、この大陸に人間が移住した5万年前に遡ることができる。 ノーザン・テリトリーのジャビルーを中心とするカカドゥ地域 カカドゥ国立公園 ウビルーの岩壁画 ハエが多いので顔全体を覆わなければならない 壁画は長年…

精神疾患と創造性

統合失調症と双極性障害 精神疾患と創造性との関係は、かねてより議論されてきた。精神疾患に罹患していた学者や芸術家についての病跡学的な研究はさかんに行われてきたが、大規模な集団を対象とした統計的研究が進んできたのは、この十年ほどである。 統合…