進化生物学

睡眠と夢見の系統発生

レム睡眠の進化は、鳥類と哺乳類の系統で独立に起こった。 哺乳類におけるレム睡眠の進化[*1]。左からネコ(真獣類〜有胎盤類)、オポッサム(後獣類〜有袋類)、ハリモグラ(原獣類〜単孔類)。 哺乳類の系統の中では、ジュラ紀に原獣類が分岐したのちに、…

【資料】フロイトのテレパシー論

いとしいマルタ ぼくたちのあいだに働いているテレパシー的共感のせいで君は聖霊降臨節をぼくよりもたのしくは過ごさなかったようだね、もしそうだとしたらそれは非常に困ったことだ。(後略) マルタ・ベルナイス宛書簡(1885年5月26日) 恋文の中での戯れ…

ヒトの加齢・性周期による配偶行動

女性の性周期 メスの性行動はテストステロンの影響を受ける。ヒト以外の動物では、排卵のすこし前にテストステロンの分泌が高まり、交尾行動を促すことが多い。 ニワトリの排卵前後におけるテストステロン、黄体刺激ホルモン、プロゲステロンの分泌量[*1]。L…

化石人類の物質文化と精神文化

物質文化としての石器 先土器時代、つまり土器が発明される以前の時代を代表する道具が石器である。 石器の変遷[*1] ヒト属がアウストラロピテクス属から分岐したころから石器が作られるようになったらしい。これは、ヒト属の大脳化が始まったときとも一致す…

人類の進化と大脳化

霊長類の進化 中生代の終わり、6500万年前に恐竜が絶滅した後、新生代が始まる。昼行性の恐竜に対し、夜のニッチでひっそりと暮らしていた哺乳類(有胎盤類)が急速に適応放散した。霊長類(サル目)も、このときに登場した。霊長類は樹上生活に適応した動物…

脳の系統発生と個体発生

脳の系統発生 脳の系統発生と個体発生の過程を振り返ると、その複雑な構造の成り立ちがわかる。 脊椎動物の脳の系統発生[*1] 「脊椎動物の脳」も併せて参照のこと。哺乳類においては、サル目(霊長類)と並んでクジラ目(鯨類)で大脳が発達している。 脳の…

サル目(霊長類)の系統

Order Primates 霊長目(サル目) Suborder Strepsirrhini 原猿亜目 (マダガスカルなどに生息する原始的なサル。多くが夜行性で、嗅覚が発達) Infraorder Lemuriformes キツネザル下目 Infraorder Loriformes ロリス下目 Infraorder Tarsiiformes メガネザ…

生物の系統分類と人間の位置

Domain ドメイン Bacteria 細菌 Archaea 古細菌 Eucaryota 真核生物 Kingdom 界 Protista 原生生物界 Plantae 植物界 Fungi 菌界 Animalia 動物界 Class 門 Chordata 脊索動物門 (他、省略) Phylum 綱 Mixini メクラウナギ綱 Cephalaspidomorphi ヤツメウ…