【資料】『荘子』(胡蝶之夢)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/Dschuang-Dsi-Schmetterlingstraum-Zhuangzi-Butterfly-Dream.jpg
 陸治『夢蝶』[*1]

昔者(むかし)、荘周、夢に胡蝶と為る。栩栩然(くくぜん)として胡蝶なり。
 
自ら喩しみて志(こころ)に適えるか、周なるを知らざるなり。
 
俄然として覚むれば、則ち蘧蘧然(きょきょぜん)として周なり。
 
知らず、周の夢に胡蝶と為るか、胡蝶の夢に周と為るかを。
 
周と胡蝶とには、則ち必ず分有り。此を之(これ)物化(ぶっか)と謂う。

 
 『荘子』(内篇 斉物論第二)[*2]

蝶になってひらひらと飛んでいた。はっと目が醒めると夢だった。そう思って、目覚めたほうの世界での生活に戻る。それが普通である。

しかし、荘子こと荘周は問う。いま私、荘周は胡蝶になった夢を見ていた。けれども、逆のことも考えられる。つまり、いま、胡蝶が荘周となっている夢を見ているのではないだろうか。夢の中では、我々は「これが現実だ」と感じているが、だから、そこから覚醒した[と思っている]世界で「これは現実だ」と思っていても、それもまた夢であって、次の瞬間には目が醒めるかもしれない。そう考えてみることは可能である。

「物化」というのは難しい言葉である。荘周と胡蝶は別の存在である。別の存在であるのに、互いに変身することができる。このような作用を「物化」ということができる。

荘周の身体が属する物質世界こそが実在する世界であり、夢は幻覚にすぎない。近代社会の常識ではそう考えるし、古代より漢民族もこうした現実的な態度を好んだから、老荘の思想はむしろ特異な部類として注目に値する。



記述の自己評価 ★★★☆☆
2017/10/17 JST 作成
2019/09/19 JST 最終更新
蛭川立

*1:陸治(Lù Zhì, c. 1496-1576)は明代の画家。

*2:「昔者莊周夢爲胡蝶。栩栩然胡蝶也。自喩適志與。不知周也。俄然覺、則蘧蘧然周也。不知周之夢爲胡蝶與、胡蝶之夢爲周與。周與胡蝶、則必有分矣。此之謂物化。」池田知久訳注 (2014).『荘子 上 全訳注』(講談社学術文庫2237)講談社, 217-218.

荘子 上 全訳注 (講談社学術文庫)

荘子 上 全訳注 (講談社学術文庫)

(『荘子』の訳註は多数あるが、日本語の文庫本では池田知久の訳註が文献学的に正確である。)