DMT含有植物と薬草としての使用

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。

この記事は特定の薬草や物質の効能を保障しません。特定の薬草や物質の売買、使用、処方等については当該の国や地域の法律や政令に従ってください。

DMT(ジメチルトリプタミン)を含む薬草は、とくにアマゾン川上流域のチャクルーナ(アヤワスカ茶の原料)(→「アマゾン先住民シピボのシャーマニズム」)やオリノコ川流域のビロラなど、南米の先住民族の社会で、シャーマンが精霊と交感するために用いられてきた。

DMT植物

DMTを含有する植物は、南米だけでなく、世界的に広く分布している。含有率の高いものを表にしたが、人間を含む動物にも含まれている。

学名 通称 部位 濃度(%)
Fabaceae マメ科
Acacia confusa ソウシジュ 0.02[*2]
1.4[*3]
Acacia longifolia (全体) 0.2[*4]
Acacia oerfota 〜0.1[*5]
Acacia phlebophylla 0.3[*6]
Acacia podalyriaefolia 樹皮 0.5〜2.0[*7]
Acacia polyacantha 〜0.2[*8]
Acacia senegal アラビアゴムノキ 〜0.1[*9]
Acacia simplex 樹皮 0.81[*10]
Acacia verek 〜0.1[*11]
Lespedeza bicolor ヤマハギ 〜0.25[*12]
Anadenanthera colubrina 種子 0.06[*13]
Desmanthus illinoensis ハイクサネム 0.20[*14]
Desmodium caudatum ミソナオシ 0.087[*15]
Mimosa tenuiflora オジギソウ 樹皮・根 1.0[*16]
Malpigiaceae キントラノオ
Diplopterys cabrerana チャクロパンガ 0.17〜1.74[*17]
Myristicaceae ニクズク科
Virola calophylla ビロラ 0.15[*18]
Poaceae イネ科
Arundo donax ダンチク 0.006[*19]
Phalaris aquatica オニクサヨシ 0.10[*20]
Rubiaceae アカネ科
Psychotria carthagenensis アミルカ 0.2[*21]
Psychotria viridis チャクルーナ (全体) 0.10〜0.61[*22]
Rutaceae ミカン科
Vepris ampody 葉・枝 0.2〜[*23]
Citrus spp. ミカン[属] 微量[*24]

DMTを含む植物は非常に多く、DMTのみの濃度がある程度はっきり調べられているものだけを表にした。

https://www.parismuseescollections.paris.fr/sites/default/files/styles/pm_notice/public/atoms/images/MAM/3y05874.jpg?itok=BnNHS7bi
Kisling (1946). Bouquet de Mimosas. ナガバアカシア(Acasia longifolia)を描いたものだという[(())]

被子植物、とくにマメ科に多いが、知られているかぎりでは、ソウシジュの根が1.4%のDMTを含有しており、知られているかぎりではもっとも高濃度らしい[*25]

日本では、ヤマハギが婦人病や神経疾患に効く薬草茶として使われてきた。(→「ヤマハギ茶の文化と薬理作用」)

参考:向精神薬を含む植物の系統関係

https://dfzljdn9uc3pi.cloudfront.net/2016/2546/1/fig-1-2x.jpg
向精神薬を含む植物の系統樹[*26]
 
https://dfzljdn9uc3pi.cloudfront.net/2016/2546/1/fig-2-2x.jpg
向精神薬を含む植物の利用。精神展開薬を含む植物の使用はアメリカ大陸の先住民社会で発展した[*27]



記述の自己評価 ★★★☆☆
(孫引きや個人のブログからの引用が多いので、もうすこし正確な情報源にあたる必要がある。)
CE 2020/09/11 JST 作成
CE 2020/10/06 JST 最終更新
蛭川立

*1:免責事項にかんしては「Wikipedia:医療に関する免責事項」に準じています。

*2:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*3:https://saalimited.com/PDFS/files/1.%20P.D.F.'s/Plants-That-Contain-DMT.pdf(孫引き)

*4:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*5:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*6:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*7:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*8:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*9:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*10:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*11:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*12:lespedeza bicolor - Other Psychoactives - Welcome to the DMT-Nexus(孫引き)

*13:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*14:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*15:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*16:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*17:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*18:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*19:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*20:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*21:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*22:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*23:Psychedelic plants - wikidoc(孫引き)

*24:Citrus Genus Plants Contain N-Methylated Tryptamine Derivatives and Their 5-Hydroxylated Forms.

*25:Plants that Contain DMT.

*26:Nashmiah Aid Alrashedy, Jeanmaire Molina (2016). The ethnobotany of psychoactive plant use: a phylogenetic perspective. PeerJ. 2016; 4: e2546.

*27:Nashmiah Aid Alrashedy, Jeanmaire Molina (2016). The ethnobotany of psychoactive plant use: a phylogenetic perspective. PeerJ. 2016; 4: e2546.