生化学

NMDA型グルタミン酸受容体と神経保護作用

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

パーソナリティの遺伝子解析(例:GeneLifeMyself)

国立精神・神経医療研究センター神経研究所で受けた質問紙調査では、TCIの7項目のうち「自己超越性」だけが標準の範囲より高かった。 「損害回避」「自己志向」「協調性」も低めである。「協調性」が低いというと悪いことのようだが、過去にこだわらず、未…

分子模型 ーHGSとモルタロウとその他ー

複雑な構造をもつ物質、とくに有機化合物は、じっさいに分子模型を作ってみると、具体的なイメージが体感できる。構造式を見れば大まかな形はわかるし、PCの画面上で3Dの画像を見ることができる。分子が動いている世界に没入するVRも普及していくだろう。し…

ヤマハギ茶の文化と薬理作用

仏教寺院では、ヤマハギの花が咲く彼岸の季節に、萩茶を振る舞う習慣がある。 愛知県稲沢市の円光寺[*1] 毎年九月に振る舞われる萩茶[*2]。 「利尿降圧作用 、強壮作用、頭痛、めまい、のぼせ、ノイローゼ、咳止め、腫れ物など」に効用があるという[*3][*4] …

内因性DMTの日内変動と子宮収縮作用

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

DMT含有植物と薬草としての使用

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

「お茶」は「麻薬」か ー法や条約による規制ー

参考:向精神薬にかんする法律・条例 第二次大戦後の国際条約 第二次大戦後、アヘンなどの向精神薬を一括して規制するため、1961年に「麻薬に関する単一条約(Single Convention on Narcotic Drugs)」が締結された。この条約は、おもにケシ、大麻、コカなど…