脳神経科学

入眠時幻覚と睡眠麻痺

通常、入眠後はまずノンレム睡眠に入るが、入眠直後から始まるレム睡眠を、入眠時レム睡眠(SOREMP: sleep onset REM period)と呼ぶ。過眠症の一種であるナルコレプシーに特徴的な現象だが(→「過眠症」)健常者でもふつうに体験される。入眠時幻覚(入眠期…

睡眠と夢見の系統発生

レム睡眠の進化は、鳥類と哺乳類の系統で独立に起こった。 哺乳類におけるレム睡眠の進化[*1]。左からネコ(真獣類〜有胎盤類)、オポッサム(後獣類〜有袋類)、ハリモグラ(原獣類〜単孔類)。 哺乳類の系統の中では、ジュラ紀に原獣類が分岐したのちに、…

睡眠と覚醒のリズム

睡眠時にはレム睡眠(Rapid Eye Movement sleep)とノンレム睡眠(Non-REM sleep)が周期的に繰り返される。「REM」とは「Rapid Eye Movement: 急速眼球運動」のことである。通常、入眠時はまずノンレム睡眠に入り、それから約90分ごとにレム睡眠とレム睡眠…

意識の諸状態

四つの意識状態 人間の意識は複数の状態をとりうる。そして複数の意識状態に対応した複数の現実(reality)が存在する。たとえば、古代インドの『マーンドゥキァ・ウパニシャッド』は、人間の意識状態を四種類に分類している[*1]。 1 覚醒状態 2 夢のない…

精神疾患の分類

精神疾患の診断基準のアメリカ的〜グローバル・スタンダードである、DSM-5の章立ては、おおよそ、以下のようになっている。 1、神経発達障害 2、統合失調症(精神病性障害) 3、双極性障害 4、抑うつ障害 5、不安障害 6、強迫性障害 7、心的外傷後ス…

錯覚・幻覚・認知バイアス・妄想

幻覚(hallucination)とは、入力のない感覚情報を体験してしまうことであり、錯覚(illusion)とは、入力のあった感覚情報を歪めて認識してしまうことである。 錯覚と幻覚 火星の人面岩(Face on Mars)[*1] ほんらい意味のないパターンに人間の顔など、意…

精神展開薬(サイケデリックス)

精神展開薬(psychedelics: サイケデリックス)は、単純明快な分子構造でありながら、特異的体験、神秘体験、あるいは宗教体験といった強い変性意識状態を引き起こすことから、こうした体験が意外に単純なメカニズムで引き起こされることを示唆している。し…

神経伝達物質と向精神薬

神経系を構成する細胞を神経細胞(neuron: ニューロン)という。 神経細胞の模式図 樹状突起(dendrite)から伝わった興奮(excitation)が細胞膜の電位差として軸索(axon)を伝導(transmission)していく。神経終末(nerve ending)のシナプス(synapse)…

中米先住民文化と精神展開性植物

アメリカ大陸の先住民文化の中で、その社会が「国家(state)」といえる段階まで分化したのは、メソアメリカとアンデスの二つの文化領域である。 メキシコ先住民の言語の分布[*1] スペイン人が到来する直前、16世紀の文明[*2] 中米先住民文化の年表[*3] メソ…

【資料】中島らも『アマニタ・パンセリナ』

僕はためしに、部屋を少し明るくしてまわりを見まわしてみた。 なるほど、これは少し様子がちがう。 青いもの、スミレ色のものが、それ自体発光しているように美しく見えるのだ。足もとを見れば、自分のはいている靴下の青が、輝いて目に飛び込んでくる。 「…

向精神薬の民俗分類

ダメ。ゼッタイ博士(薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ) 公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターのWEBサイトにある「乱用される薬物」には、「ICD-10(WHO国際疾病分類)に基づき日本で使用する精神作用物質の区分」が載せられている[*1]…

興奮するモダン/沈静するポストモダン

コカ・コーラの秘密のレシピ アンデスのケチュア人は「嘘をつくな、盗むな、怠けるな(ama sua, ama llulla, ama quella)」を挨拶の言葉として使うほどに謹厳実直な人々であった。彼らの心性を象徴する薬草がコカであり、西洋人がそこからコカインを抽出し…

プラセボ効果と象徴的効果

逸話から「エビデンス」へ ある薬(健康食品なども含む)について、たとえば「水素水を飲んだらうつ病が治った」という場合、「私が飲んだら効いた」をはじめ、「少数の人が飲んだら効いた」は証拠にはならない。「多数の人が飲んだら効いた」と、喜びの体験…

向精神薬の呼称

向精神薬の意味は混乱している。それが神経細胞という物質にはたらきかけると同時に、服用した当事者は個々人に依存した精神的体験を引き起こすからであり、また嗜好品として用いられたり、法的に規制されたりする場合、独自の分類名が併用されるからである…

ヒトの加齢・性周期による配偶行動

女性の性周期 メスの性行動はテストステロンの影響を受ける。ヒト以外の動物では、排卵のすこし前にテストステロンの分泌が高まり、交尾行動を促すことが多い。 ニワトリの排卵前後におけるテストステロン、黄体刺激ホルモン、プロゲステロンの分泌量[*1]。L…

パーソナリティと遺伝子

5因子モデル 心理学では、ユングの内向性ー外向性など、様々なパーソナリティの特性論・類型論が論じられてきたが、理論から演繹されたモデルはどれも不十分であり、因子分析による研究が進むにつれ、ゴールドバーグの特性5因子論(big five:ビッグファイ…

化石人類の物質文化と精神文化

物質文化としての石器 先土器時代、つまり土器が発明される以前の時代を代表する道具が石器である。 石器の変遷[*1] ヒト属がアウストラロピテクス属から分岐したころから石器が作られるようになったらしい。これは、ヒト属の大脳化が始まったときとも一致す…

日照・自殺・殺人

自殺率の地域的な偏り 自殺率の国別統計(2016年)[*1] 自殺率は国や地域によって大きく異なる。自殺の理由もさまざまであるが、社会、経済的な問題が背景にあったとしても、ストレスに対する脆弱性には個人差もあり、うつ病という病気による病死という客観…

認知機能・パーソナリティの小進化

知能 知能[*1]には、人種・民族による違いがあり、およそ、サハラ以南のアフリカ<北アフリカ〜南アジア<ヨーロッパ系<東アジア、という地理的勾配がある。 国別の平均IQ[*2] 多民族国家であると人種・民族の差を見ることができないので、先住民族の推計知…

大脳半球の構造

大脳半球の断面図[*1] 記述の自己評価 ★★★☆☆ (既知の事実をまとめただけの内容だが、三十年前の知見であり、かつ大学生のノートなので、細かい部分では誤っている可能性がある。) 2019/05/06 JST 作成 蛭川立 *1:蛭川の大学生時代のノート(1989年5月25日)

脊椎動物の脳

脊椎動物の脳の断面[*1] 記述の自己評価 ★★★☆☆ (既知の事実をまとめただけの内容だが、三十年前の知見であり、かつ大学生のノートなので、細かい部分では誤っているところがある。) 2019/05/06 JST 作成 蛭川立 *1:蛭川の大学時代のノート(西暦1989年5月1…

神経系の階層構造

神経系 nervous system 中枢神経系 central nervous system 脳 brain 前脳 prosencephalon (forebrain) 終脳 telencephalon →大脳 cerebrum 新皮質 neocortex 前頭葉 frontal lobe 頭頂葉 parietal lobe 後頭葉 occipital lobe 側頭葉 temporal lobe 辺縁系 …

ヒトの脳の構造

脳はもともと神経管の先端が膨らんで形成されたものだが(→「脳の系統発生と個体発生」)ヒトの場合は大脳が発達しているので、それ以外の構造が見えにくくなっている。細かい部位の名称については「神経系の階層構造」を参照のこと。 ヒトの脳の構造[*1] 「…

人類の進化と大脳化

霊長類の進化 中生代の終わり、6500万年前に恐竜が絶滅した後、新生代が始まる。昼行性の恐竜に対し、夜のニッチでひっそりと暮らしていた哺乳類(有胎盤類)が急速に適応放散した。霊長類(サル目)も、このときに登場した。霊長類は樹上生活に適応した動物…

脳の系統発生と個体発生

脳の系統発生 脳の系統発生と個体発生の過程を振り返ると、その複雑な構造の成り立ちがわかる。 脊椎動物の脳の系統発生[*1] 「脊椎動物の脳」も併せて参照のこと。哺乳類においては、サル目(霊長類)と並んでクジラ目(鯨類)で大脳が発達している。 脳の…

精神疾患と創造性

統合失調症と双極性障害 精神疾患と創造性との関係は、かねてより議論されてきた。精神疾患に罹患していた学者や芸術家についての病跡学的な研究はさかんに行われてきたが、大規模な集団を対象とした統計的研究が進んできたのは、この十年ほどである。 統合…

個人向け遺伝子解析

ヒトのゲノムは約30億の塩基対からなるが、そのうちでタンパク質をコードしているエクソンは全体の約1%であり、遺伝子の数ではおおよそ2万になる。(このうちの半分である1万個が脳で発現している。)ヒトとチンパンジーの差異は2%弱で、ヒトの種内変異は0…

共感薬(エンタクトゲン)

カテコールアミンと中枢神経刺激薬 ドーパミン、ノルアドレナリンなどのカテコールアミン神経伝達物質に似た分子構造を持ち、興奮作用を示す精神中枢神経刺激薬(精神刺激薬)としては、作用が強く、規制されているメタアンフェタミン、コカインや、より穏や…