科学論・科学哲学

科学と非科学の境界設定問題

写真:クイーンズランド・パフォーミング・アート・センター/オーストラリア・ブリスベン 「科学」という日本語 まず最初に触れておかなければならないのは「科学」という日本語が何を意味しているのか、ということである。日本語の「科学」は、欧語の「知…

【資料】ファイヤアーベント『方法への挑戦』

歴史が提供するゆたかな素材を見つめる人々、より低級な本能を喜ばせるために、すなわち明晰性、精確さ、「客観性」、「真理」という形式の中で知的な事柄における安全性を切望する気持を満たさんがために、その素材を貧しいものにするつもりのない人々にと…

プラセボ効果と象徴的効果

逸話から「エビデンス」へ ある薬(健康食品なども含む)について、たとえば「水素水を飲んだらうつ病が治った」という場合、「私が飲んだら効いた」をはじめ、「少数の人が飲んだら効いた」は証拠にはならない。「多数の人が飲んだら効いた」と、喜びの体験…

実験心理学と統計的仮説検定

霊魂仮説とESP仮説 ある初老の女性が、不思議な夢を見たという。 亡くなった母親が夢に出てきて「二階にある簞笥の下から二番目の引き出しの奥に、赤い帯があるから、和服を着るときに使いなさい」と言った。翌朝、簞笥の引き出しを開けてみると、積み重なっ…

ポスト・ホック解析とその周辺

以下の諸「効果」は、「超」心理学でしばしば言及されるものではあるが、心理学全般、あるいは実験科学全般に当てはまるものである。 ポスト・ホック解析 post hoc analysis ポスト・ホック解析( post hoc analysis:事後解析)とは、実験が終わった後にデ…

「超能力」と心物問題

スプーン曲げ騒動 超能力ブームが起こったのは1970年代である。当時、一世を風靡したものに「スプーン曲げ」がある。ユリ・ゲラーが来日したのが1974年で、それからじつに40年後に、彼の自宅でスプーン曲げを披露してもらう機会に恵まれた。たまたまロンドン…

人類学の科学史的位置づけ

人類学の背景 人類学(anthropology)は、人間を研究する学問である。しかし、そう定義しただけでは、人間を扱う学問のすべてが「人類学」になってしまう。人類学という領域設定の背後には、ヨーロッパの創造論的世界観における、鉱物、植物、動物、人間、そ…

超心理学(および懐疑論)関連資料

BSプレミアム(2014).「さまよえる魂の行方」『超常現象、科学者たちの挑戦(1)』NHK www.nhk-ondemand.jp BSプレミアム(2014).「秘められた未知のパワー」『超常現象、科学者たちの挑戦(2)』NHK www.nhk-ondemand.jp 特異現象とその科学的研究を交互に…