遺伝学

パーソナリティの遺伝子解析(例:GeneLifeMyself)

国立精神・神経医療研究センター神経研究所で受けた質問紙調査では、TCIの7項目のうち「自己超越性」だけが標準の範囲より高かった。 「損害回避」「自己志向」「協調性」も低めである。「協調性」が低いというと悪いことのようだが、過去にこだわらず、未…

現生人類とネアンデルタール人とデニソワ人 ーホモ族の三亜種?ー

2020年9月30日づけのNatureに「新型コロナウイルス感染症を重症化させるネアンデルタール人由来の遺伝的リスク」という論文が発表された。 ネアンデルタール人に由来する、新型コロナウイルス感染症を重症化させるリスクを持った遺伝子の分布[*1] 感染が始ま…

SARS-CoV-2の起源と感染源

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

ウイルスの弱毒化と共進化

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

抗原と抗体とPCRと

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

ウイルス進化論

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

SARS関連コロナウイルスの生物学

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

SARSコロナウイルスの研究所内感染

この記事には医療・医学に関する記述が数多く含まれていますが、その正確性は保証されていません[*1]。検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご…

SARS関連コロナウイルスをめぐる用語

SARS関連コロナウイルス SARS-CoV SARS-CoV-2 SARS関連コロナウイルス 西暦2019年に中国から感染が始まった「新型」コロナウイルス感染症が世界的に流行しているが、2002年〜2003年には、「旧型」コロナウイルス感染症の流行があった。これは、中国の国外に…

パーソナリティと遺伝子

5因子モデル クロニンジャーの7因子モデル 遺伝率と遺伝子 二つのモデルの相互関係 5因子モデル 心理学では、ユングの内向性ー外向性など、様々なパーソナリティの特性論・類型論が論じられてきたが、理論から演繹されたモデルはどれも不十分であり、因子…

認知機能・パーソナリティの小進化

認知能力の小進化 社会的な要因 知能検査は白人にとって都合が良いといえるのか? パーソナリティの小進化 DRD4遺伝子の小進化 セロトニントランスポーター遺伝子の小進化 遺伝子と文化の共進化 認知能力の小進化 知能[*1]には、人種・民族による違いがあり…

人類の進化と大脳化

大型類人猿とヒト 化石人類の系統 大脳化 ヒトの進化と気候変動 大型類人猿とヒト ヒトの祖先は、およそ500万年前[*1]に、チンパンジー属とゴリラ属の共通祖先から分岐した。その後、多数の系統に枝分かれしながら、現在に至っている。 大型類人猿とヒトの系…

精神疾患と創造性

統合失調症と双極性障害 精神疾患と創造性との関係は、かねてより議論されてきた。精神疾患に罹患していた学者や芸術家についての病跡学的な研究はさかんに行われてきたが、大規模な集団を対象とした統計的研究が進んできたのは、この十年ほどである。 統合…

個人向け遺伝子解析

23andMe deCODEme Genographic Project 日本発の遺伝子検査 中国の動向 遺伝子検査の可能性と問題点 ヒトのゲノムは約30億の塩基対からなるが、そのうちでタンパク質をコードしているエクソンは全体の約1%であり、遺伝子の数ではおおよそ2万になる。(この…