共感薬(エンタクトゲン)

カテコールアミンと精神刺激薬

ドーパミンノルアドレナリンなどのカテコールアミン神経伝達物質に似た分子構造を持ち、興奮作用を示す精神刺激薬(中枢神経刺激薬)としては、作用が強く、規制されているメタアンフェタミン、コカインや、より穏やかで医療目的で使われているメチルフェニデート(MPD)、ペモリンなどがあり、交感神経を活性化させることで、過眠症などの治療に用いられる。


メタアンフェタミンメタンフェタミン) methamphetamine

カテコールアミンと精神展開薬

精神展開薬(psychedelics)の作用機序はまだ完全には未解明だが、その多くはセロトニン(5-HT)とよく似た分子構造を持っており、じっさい5-HT2A受容体のアゴニストとして作用する。

しかし、ペヨーテLophophora williamsii :メキシコ先住民が儀礼的に使用してきたサボテン)やサンペドロ(Echinopsis pachanoi:ペルー先住民が儀礼的に使用してきたサボテン)に含まれるメスカリンは、カテコールアミン神経伝達物質と構造が似ているにもかかわらず、インドール系の精神展開薬であるDMTシロシビンとよく似た作用を示す。


メスカリン mescaline

共感薬(エンタクトゲン)

メスカリンと構造が似た精神展開薬として、人工合成物質であるMDMA(3,4-MethyleneDioxyMethAmphetamine)がある。


MDMA 3,4-methylenedioxymethamphetamine

メタアンフェタミンと構造がよく似ているが、フェニル基の3位と4位でメチレンジオキシ基と結合し、メチレンジオキシフェニル基になっている。メチル基が2個のメスカリンとも似ている。

その向精神作用は独特であり、典型的な精神展開薬と精神刺激薬の両方と似ており、両方と似ていない。典型的な精神展開薬のように、意識状態が大きく変わることがなく、幻覚が見えることもない。精神刺激薬のような覚醒作用はあるが、より穏やかであり、むしろ他者への警戒心が弱まり、他者との共感性が高まる。

MDMAは乱用の可能性の高い薬物[*1]として規制されているいっぽうで、PTSDなどに対する心理療法に応用する可能性が研究されている[*2][*3]

これらの物質を精神展開薬とは区別して、エンパトゲン(enpathogen)[*4]、またはエンタクトゲン(entactogen)と呼ぶこともある。日本語での定訳はない。そのまま片仮名で表記されるか、共感薬、共感剤と訳されることもある。

天然の共感薬

ペヨーテやサンペドロが精神展開作用を示すのは、メスカリンなどの精神展開薬が含まれているからである。しかし、ペヨーテやサンペドロには、共感薬としての作用もあり、メスカリン以外にMDMAに似た物質も含まれていることが発見されつつある[*5]


ロビヴィン lobivine
 

MDPEA: 3,4-methylenedioxyphenylethylamine
 

ロフォフィン lophophine (MMDPEA, 3-methoxy-4,5-methylenedioxyphenethylamine)

これらはMDMAと同様、人工的な合成物としてはすでに知られていたものだが[*6]、いずれもメチレンジオキシ基を持つ。MDMAが精神刺激薬であるメタアンフェタミンにメチレンジオキシ基が結合したものであるのと同様、MDPEAは、天然の精神刺激薬だともいわれるPEA(フェニルエチルアミン)にメチレンジオキシ基が結合したものであり、言い換えればドーパミンのフェニル基の3位と4位の水酸基がメチレン結合したものである。

オキシトシン

精神刺激薬と構造が似た物質がなぜ共感作用を持つのだろうか。この共感作用は間接的にオキシトシンを増加させることによって引き起こされているという説がある。オキシトシン自体もまた共感薬の一種だといえる。
 
しかし、MDMAを経口摂取するほうがオキシトシン点鼻薬よりも共感作用が強く、オキシトシンの摂取量を増やすと効果が弱まり[*7]、逆に攻撃性のような反対の作用があらわれてくるという。

また、オキシトシンは特定の他者に対する愛着を強めると同時に、嫉妬心も増大させる。集団のメンバーの結束を強めるいっぽうで、排他性も強めるという負の側面があることも知られるようになってきている[*8]

GABA作動性ニューロンを介した共感薬類似物質

エチルアルコールベンゾジアゼピンにも共感作用はあるが、基本的には抑制剤であり、覚醒水準は下がってしまう。また理性的な判断力が低下するぶん、感情が解放されて攻撃性があらわれることもあるが、これは奇異反応(paradoxical effect)である。MDMAに類似した共感薬の作用はもっと穏やかで、攻撃性のような強い感情はあらわれない。

カヴァPiper methysticum )(→カヴァの伝統と現在)の有効成分であるカヴァインなどのカヴァラクトン類には、ベンゾジアゼピンに似た抗不安作用と筋弛緩作用があるが、認知機能は低下させない。カヴァラクトン類もGABA受容体に作用して共感作用を示すと考えられているが、その作用機序はよくわかっていない。

付記
以前「共感剤」と書いていたものを「共感薬」に変更した。「薬」と「剤」に厳密な意味の違いはないが、前者は薬物そのもの、後者は錠剤、散剤のように、服用するときの形態を指し示すことが多いようである[*9]


記述の自己評価 ★★★☆☆(既知の研究をまとめたものであるが、内容は広く浅く、根拠となる研究が充分に示されていない。)

2016/11/04 JST 作成
2019/05/22 JST 最終更新
蛭川立

*1:「エクスタシー」(MDMAの俗称)として非合法的に流通している錠剤には、アンフェタミン類など、他の物質が混ぜられていることが多く、それが乱用のひとつの原因となっている。

*2:たとえば、Wagner, M. T., Mithoefer, M. C., Mithoefer, A. T., MacAulay, R. K., Jerome, L., Yazar-Klosinski, B. & Doblin, R. (2017). Therapeutic effect of increased openness: Investigating mechanism of action in MDMA-assisted psychotherapy. Journal of Psychopharmacology, 31, 967–974. といった研究があるが、クライエント自身への薬理効果だけでなく、セラピストとクライエントとの共感性を高めることによって心理療法に役立つと考えられている。

*3:MDMA全般について日本語で読める一般書としては、MDMA研究会 (2004).『MDMA大全ー違法ドラッグ・エクスタシーの全知識』データハウス.がある。

MDMA大全―違法ドラッグ・エクスタシーの全知識

MDMA大全―違法ドラッグ・エクスタシーの全知識

「違法ドラッグ・エクスタシー」などとタイトルに入っているので、いい加減な書物かと思いきや、医学の専門書には及ばないものの、一般向けの入門的な概説書となっている。

*4:「pahtogen」には「病原菌」という意味もあるので、使用を避けたほうが良いという考えもある。

*5:Bruhn, J.G., El-Seedi, H.R., Stephanson, N., Beck, O. & Shulgin, A. T. (2008). Ecstasy analogues found in cacti. Journal of Psychoactive Drugs, 40, 219-222.

*6:Shulgin, A. & Shulgin, A. (1991). PIHKAL: A Chemical Love Story. Transform Press.

Pihkal: A Chemical Love Story

Pihkal: A Chemical Love Story

*7:Kirkpatrick, M. G., Lee, R., Wardle, M. C., Jacob, S. & De Wit, H. (2014). Effects of MDMA and intranasal oxytocin on social and emotional processing. Neuropsychopharmacology, 39, 1654–1663.

*8:研究は多数あるが、個々の出典は未確認

*9:山善子 (2009).「今後検討すべき用語ー精神病、精神障害(がい)、病と症・薬と剤の使い分け、などー」『第105回日本精神神経学会総会抄録集』, 599-603.